Contact
admin


電子足跡:長崎街道 歩き旅トップページ
小倉城下から長崎出島へ

長崎街道とは
 

長崎街道はご存じのように九州北部を小倉と長崎市を北東から南西に繋げる街道です。
ルートとしては、北九州市小倉城下の常盤橋から佐賀県鳥栖を通り、長崎県に入ると大村湾沿いに諫早市を経由して長崎市まで続きます。
この道を勝海舟も坂本龍馬もシーボルトも、そして幕府に献上された象も歩きました。

長崎街道の始終点について
東側の始終点は多くの資料で小倉城下常盤橋とされていますが、西側の始終点は複数の説があり判然としません。
"長崎街道を歩く 230㎞歴史の旅" (著者:松尾卓次 発行元:株式会社22世紀アート  Kindle版)には『西役所前か波止場か、出島橋か桜馬場なのかはっきりしない。』と書かれています。"シングルおやじの気ままな一人旅"の地図では長崎市江戸町の海軍伝習所跡の手前で終わっていました。
私は、長崎と云えばやはり鎖国時代に唯一海外と繋がっていた"出島"の印象が強いので出島を終点としました。

尚、編集の都合で 門司から小倉城下を繋いでいる "門司往還" も長崎街道のトップページに含めています。

長崎街道全行程ルート地図

 


本地図はフリーソフト "カシミール3DによりGPSデータを国土地理院地形図に描画してそのイメージデータを加工したものです。


長崎街道歩き旅の概要
 

このリストはこれまでに公開した区間のページの概要と各ページのリンクを掲載しています。リンクをクリックすると各ページが開きます。
都道
府県
リンク
ページ

バス停
通過する
宿場等
GPS
移動距離
歩いた日

門司往還

福岡
門司往還を歩く JR下関駅-バス御裳川-JR小倉駅 壇ノ浦、関門トンネル、和布刈神社、門司、豊前大里宿、門司赤煉瓦プレイス、小倉市街、常盤橋 16.9㎞ 2023/10/03下関から関門トンネルを通って歩きました

長崎街道

福岡 小倉城下から黒崎宿を通り木屋瀬宿へ JR小倉駅-筑豊電鉄木屋瀬駅 小倉城下、常盤橋、三条の国境石、官営八幡製鉄所跡地(遠望)、黒崎宿、曲里の松並木、立場茶屋銀杏屋、石坂の急坂、木屋瀬宿 24.7km 2023/10/04
福岡 木屋瀬宿から桂川駅へ
歌人白蓮が暮らした旧伊藤伝衛門邸を通ります
筑豊電鉄:木屋瀬駅-筑豊本線:桂川駅 木屋瀬宿、大師六角堂、直方、多賀神社、郡境石、旧伊藤伝衛門邸、飯塚宿、瀬戸の渡し跡 28.8㎞ 2023/10/06
   以降の区間は後日徐々に公開予定。  
           
      合計距離  ㎞  


Amazonでショッピング 楽天市場でショッピング 楽天トラベルで予約
お買い物
   


   

参考資料等
 


1)長崎街道を歩く 230㎞歴史の旅   松尾卓次著
  発行元:株式会社22世紀アート  (kindle版)
2)シングルおやじの気ままな一人旅  歩人 かっちゃん
3)他インターネット情報


初版作成:2024年5月16日

END

広告

Column


広告